こんにちは、千葉です。
先日の三浦の記事で、「官公庁、地方自治体のサイトはまだまだスマホ対応が遅れているよ」という話がありました。

現在、日本全国には1,500以上の市町村がありますが、実際のところどれくらいスマホ対応が進んでいるのか、それについて記載した記事がありました。

地方自治体公式サイトのスマートフォン対応
(参考:BLOGOS)

記事によれば、最もスマホ対応が進んでいる市町村が多いのは徳島県、次いで茨城県のようです。

ここ宮城県はどうかというと、対応率11.43%、、全国的に見ても、下から数えたほうが早いんじゃないかというレベルです。

実際に、徳島県や茨城県の市町村のサイトをいくつか見てみましょう。

茨城県行方市

IMG_3422


茨城県日立市

IMG_3421


徳島県美波町

IMG_3420


徳島県那賀町

IMG_3419


徳島県三好市

IMG_3418



こうして見ると、市町村の規模に関係無くスマホ対応が進んでいるところは進んでいるようです。
むしろ人口の多い地域のほうがかえって未対応、という例のほうが多いようにも感じられます。
いずれにせよ、はやく対応していただきたいなー、と思う次第です。


最後に、地方自治体とは若干違いますが、現在仙台で開催真っ只中の国連防災世界会議。
こちらのサイトのスマホ版はこんな感じになっています。


第3回国連防災世界会議

IMG_3423


世界中の人がアクセスするサイトこそ、しっかりとユーザビリティを意識してほしいな、と思います。



この記事を書いた人
DSCF5251
千葉 崇行

経営企画室。
窓拭きだけは誰にも負けない自信があります。