10代、20代の若い世代に人気のアプリ「Instagram」。

そのInstagramが6月2日(現地時間)、今後の広告の取り組みについて説明しました。


広告投稿に「購入する」「ダウンロードする」「サインアップする」などのボタンを追加できるようになること。こうしたボタンは親会社であるFacebookも現在テスト中だ。Instagramでもテストを開始する。

 例えば「Shop Now」ボタンをタップすることで、ユーザーは表示されている商品を購入できる。

広告投稿の画像の右下に各種ボタンが表示される
 次はターゲティング広告のためのツールの強化。具体的な説明はないが、Facebookとも協力し、広告主がInstagram上の適切なオーディエンスにリーチできるように、段階的にしていくとしている。

 最後に、Instagram Ads APIを規模の大小や地域にかかわらず、すべての広告主が利用できるようにするという。まず少数のFacebookのマーケティングパートナーに提供をはじめ、年内には全広告主に提供範囲を広げる計画だ。

参照: ITメディアニュース 


インスタグラムも本格的にマネータイズし始めましたね。
広告表示等が果たしてユーザー離れのきっかけにならなければいいですが・・・。


この記事を書いた人
1148802_452160711548646_210347962_n 三浦 健太

WEBディレクターしてます。
マーケティングの話しやどうでもいい話しを書いています。