もうすぐARABAKIということで
今からそわそわが止まらないデザイナー鈴木です。

最近はそわそわを抑えるためにアーティストサイトをよく見て回るのですが、
そんな中で気になったサイトをちょっぴりまとめてご紹介します。


go!go!vanillas

go!go!vanillas
http://gogovanillas.com

統一感のある色使いとメニューのホバーがかわいいです。





KEYTALK

KEYTALK official web
http://keytalkweb.com

爽やかそのもの。爽やかでしかない。イメージぴったりです。




フジファブリック

フジファブリック Official Website
http://www.fujifabric.com

アーティストサイトのトップで顔が出ないのって珍しいな〜と思いました。
でもとっても雰囲気出ていてかわいいです。




BIGMAMA

TOP   BIGMAMA
http://bigmama-web.com

メニューボタンを押すとイメージががらっと変わります。




the HIATUS

the HIATUS OFFICIAL WEBSITE
http://thehiatus.com

細美さんが好きです。ロゴのインパクトが良いですね。




TOTALFAT

TOTALFAT
http://www.totalfat.net

ライブ後であろう、飾らないメンバーの姿がフルサイズで。
かっこいいというより楽しそうな感じが伝わってきます。写真で魅せるタイプ。




Fear,and Loathing in Las Vegas

Fear, and Loathing in Las Vegas
http://www.lasvegas-jp.com

ほとんど黒であまり顔なんかは分からないけれどクールです。
見せすぎないかっこよさ。




THE BACK HORN

THE BACK HORN OFFICIAL SITE
http://thebackhorn.com

打って変わってこちらはあまり写真を使わず、タイポグラフィーがメイン。
整いすぎずも見やすく美しいレイアウトで、ホバーした時の差し色もかっこいいです。




UVERworld

UVERworld
http://www.uverworld.com

写真スライドがメインのデザイン。
実は、ライブ・ツアーやメンバーの誕生日などに合わせて
定期的にこのスライドの内容が変わっています。
ファンには嬉しい粋な計らいです。




ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTY Official Website
http://rotten-g.com

ぱっと見はフツーのサイトですが、
ヘッダー部分のアーティストPVのイメージがスライドしていて、
各PVへのショートカットになっています。おもしろい。




サカナクション

サカナクション Official Site
http://sakanaction.jp

ひたすらわしゃわしゃ動いています。おもしろい。
楽曲にも感じる奇妙さ(?)が出ています。




HALCALI

HALCALI official web site
http://www.halcali.com

お弁当です。個性派でかわいい。




きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルWEBSITE
http://kyary.asobisystem.com

臨戦態勢。
さすが若者と言いますか、今どきと言いますか、
きゃりーちゃんのTwitterのタイムラインがすらすら〜と流れております。
オフィシャルはテレビで見るイメージとは違ってスッキリとしたイメージ。




つじあやの

Ayano Tsuji Official Website   つじあやののオフィシャルサイト。最新情報、着うた R などを掲載。
http://tsujiayano.com

ほんわか。イメージ出まくりです。




安室奈美恵

Namie Amuro Official Site(Dimension Point)
http://namieamuro.jp

美しい。レイアウトがマガジンとか雑誌ぽくて印象に残ります。




大塚 愛

大塚 愛(おおつか あい) OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/ai

流行のフルスクリーンのデザイン。とてもシンプルです。
かわいい。こんなにアップで見てもかわいいなんてほんとにかわいいんですね。




といった感じでジャンルは問いませんでしたが、
私の趣味が9割という自己満足な紹介をしてしまいました。
楽しかったです。

ですが、こうやって見ていると以前よりアーティストの露出(ライブ映像など)や
それぞれの個性を感じる自由度が高いデザインが多くなったな〜と感じます。

多分今は「遠い憧れの存在、完璧な人」というアーティストよりは
「会いにいける、自分と同じ人間」的なアーティストが求められているのかな〜と思うので
今回紹介したデザインは各アーティストにとても親近感・興味が持てていいな、と思います。

時代に合わせてプロモーション方法が変わっていくのは見ていて面白いとも思いますが、
楽しんでいる場合ではないと考えられる良い機会になりました。





最後に、そんな今回紹介した素晴らしいデザインたちとは打って変わって
我が道を行く個性派バンドのサイトをご紹介。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ
http://02.mbsp.jp/kyuuso

もはや、「何もデザインされていないのがデザイン」とも言えるでしょう。
時代に流されずに我が道を行く、最高です。





この記事を書いた人
10421094_1426536570954564_6559711458578487879_n鈴木 郁佳

デザイナー。
ライブと夏フェスとムーミンがとっても好き。