WEBディレクターの三浦です。

本日は2015年に流行りそうなWEBデザインのトレンドをご紹介します。

レスポンシブデザイン

2012年から継続してトレンドとなっているレスポンシブデザイン。
ブラウザの幅に応じてレイアウトを自動で変更します。
スマートフォンの普及で、今年は中小企業のコーポレートサイトでも導入が増えそうです。

01


フルスクリーンイメージ&ビデオ

2014年あたりから、じわじわと導入されているデザイン。
画面いっぱいにメインイメージやビデオが表示され、閲覧者に強烈な印象を植え付けます。

02


固定ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニュー(グローバルナビ)をサイトトップや、サイドに固定するデザイン。
サイト閲覧者がすぐに目的の情報ページにアクセス出来るよう利便性を考えたデザインです。

03


グリッドスタイルレイアウト

ピンタレストで採用されているデザインレイアウト。
イメージがタイル状に並ぶのが特徴で、写真ライブラリや、マガジンサイト、ECサイトに多く採用されています。

04


ミニマルデザイン

ユーザーが注目するであろう情報をシンプルにレイアウトするデザイン。
必要最小限の要素で伝えたい情報やイメージを最大限に表現します。

05


シングルページ完結型Webサイト

2014年に爆発的に普及しました。1ページで完結させるデザインです。
スクロールでコンテンツを表示させます。スマートフォン普及がこのデザインが広まったきっかけです。

06


ゴーストボタン

正方形や長方形、サークル状、ダイヤモンド状のシェイプに、アウトラインのみで塗りつぶさない、シンプルなボタンデザイン。
フラットデザインのサイトやフルスクリーンイメージに多く採用されています。

07



まとめ

いかがだったでしょうか?
テキストで表現するよりも、イメージや、ビデオで直感的にユーザーに訴求するデザインが、
2015年はさらに普及する気がします。

今後のデザインのトレンドに注目です。


参考サイト:Photoshop VIP
http://photoshopvip.net/archives/73086


この記事を書いた人
1148802_452160711548646_210347962_n 三浦 健太

WEBディレクターしてます。
マーケティングの話しやどうでもいい話しを書いています。