こんいちわ。最近、D(ディー)と呼ばれるディレクターの三浦です。

たまに私は、Wordpress(ワードプレス)セミナーの講師なんかしたりしています。
http://www.miyagi-ec.com/#!wp20150731/cqu0

そこで、お話しさせていただくWordpressのメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)はデータベース管理システムにMySQLを利用し、PHPで書かれたオープンソースのブログソフトウェアである。b2/cafelogというソフトウェアの後継として開発された。GNU General Public License(GPL)の下で配布されている。

参照:Wikipedia


簡単に言うと、

WordPress は、MySQL(まいえすきゅーえる)というデータベース(データを保管するもの)を使ったオープンソース(無料)のブログソフトウェア。
WordPress 自体は、PHP(ぴーえいちぴー)というプログラム言語で書かれている。ライセンスはGPL。GPLライセンスとは、使用者に対して、コードを含めた再配布や、改変を認めているライセンス。

無料なので、利用者がとても多く、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のシェアは世界一です。
ちなみにこのサイトもWordPress で構築されています。


WordPressのメリット

なんで、WordPressはこんなに多く使われているのかというと、もちろん理由があります。


・好きな独自ドメイントで運営できる。

0 無料のブログでは、
http://ameblo.jp/(自分のアカウントID)
といった形になりますが、

WordPressをサーバーに設置して独自ドメインを取得すれば、 自分のURLでサイトを運営することができます。


・自分の意図しない広告は入らない。

無料のブログでは、 その無料ブログサービスのPR広告が勝手に入ってしまうことも 多くあります。
しかし、WordPressは自分が構築するので、意図しない広告は表示せれません。


・突然のサービス停止の心配がありません。

0 無料のブログでは、サービス停止で、ブログが強制的に 無くなってしまう可能性もあります。

(昔、「さるさる日記」というサービスがあったのですが、いきなりサービス停止。
今まで書いてきたブログ記事や画像もすべて水の泡となったという話しがありました。)
キャプチャ1

・自由にデザインや機能を追加できます。

キャプチャ00 無料のブログでは、デザインできる箇所に制約がある場合も あります。また、欲しい機能がサービスに備わっていない場合も あると思います。
WordPressでは、「テーマ」と「プラグイン」により 自由にデザインと機能を、選択して設置することができます。

慣れている人は、自分のイメージ通りに作ることもできるので、 カスタマイズの柔軟性がとても高いです。


・更新が簡単。

1 ワード感覚で簡単に更新できるのもWordPressです。
画像の挿入などもボタン一つで簡単に行うことができます。


WordPressのデメリット

メリットもあればデメリットもあります。


・すべて自己責任

1 他の無料ブログと違い、WordPressはカスタマイズの自由度が非常に高いです。
しかし、それは重要なファイルをいじることが出来るということです。
もし、カスタムしていて、重要なコードを消してしまうとサイト自体が表示されなくなるということもあります。

第三者による改ざん可能性

2 WordPressは世界的に最もシェアのあるCMSです。しかし、それにあたり第三者が不正アクセスで
サイトを改ざんする事件も発生しています。

これを回避するために、定期的なパスワードの変更や、もし改ざんされた時にすぐに普及できるよう最新のバックアップを定期的に行うことが必要です。


まとめ

WordPressはカスタム度が高く、簡単に更新できる便利なサイト
ただし、バックアップなどしっかりセキュリティ対策を徹底する!



この記事を書いた人
1148802_452160711548646_210347962_n 三浦 健太

WEBディレクターしてます。
マーケティングの話しやどうでもいい話しを書いています。